連絡先を聞かれた女性

うまい返し

連絡先を聞かれた時にうまいこと返す!【教えたくない時の答え方】

こんにちは!「返しの匠」ヅメです。(Twitter:@zumeryota

急に連絡先を聞かれて困ったことはありませんか?

仲が良くなった患者さんから突然連絡先を聞かれて戸惑うことも多いと思います。

仕事とプライベートはしっかり分けたいですよね。

今回は連絡先を聞かれた時にうまく返す方法を考えてみました!

連絡先を聞かれるシチュエーション

連絡先を聞かれた院長

連絡先を聞かれるシチュエーションにはいくつかのパターンがあります。私が経験したことを踏まえてご紹介します。

送りものをしたい

担当制などで患者さんの治療や介護などをしていると、お世話になった方にお礼をしたいという患者さんがいます。

病院などの施設の中では周りの目があって渡しづらいので、院外などで連絡をとって渡したい場合などに連絡先を聞かれることがあります。

食事に誘いしたい

このパターンもお礼をしたいという患者さんが連絡先を聞いてくるケースです。

一線をこえないためにも食事も上手に断りたいですよね。

紹介したい人がいる

仲が良くなった患者さんから、自分の子供や孫、独身の知り合いなどを紹介されるケースがあります。

しっかり断らないと、写真などを持ってきて本当に断りづらい雰囲気になってしまいます。要注意な事例です。

お近づきになりたい

仲が良くなって、お付き合いしたいと思う患者さんもいると思います。

両想いであれば良いと思いますが、お断りしたいケースが多いのではないでしょうか。

実際、患者さんとスタッフが付き合うことも多いので自己責任で行動しましょう。

混み具合などの情報を教えてほしい

中にはその日の込み具合や待ち時間などをリアルタイムで教えてほしいと言ってくる患者さんもいます。

僕のように個人で接骨院をしている場合はそういうサービスも良いと思いますが、病院などに勤めている場合は避けた方が良いと思います。

院外でも個人的に治療してほしい

担当制で施術をしていると、院外でも個人的に治療してほしいと言われることがあります。

自分のファンになってくれると非常にうれしいですが、勤めている場合は副業になってしまいますし、就業規則違反などになってしまう可能性がありますので要注意です。

連絡先を聞かれた時にうまいこと返す!【教えたくない時の答え方】

うまいこと断る

相手を傷つけないように上手にうまく返しましょう。

患者さんはいろんな言い方で聞き出そうとしてきます。

患者さんから聞かれると断りづらいですよね。僕の方法を含めてご紹介しますね。

教えたくない時のおすすめの返し

  • こちら(所属の病院、医療機関など)の電話番号をお伝えしますね
  • 職場の規定で教えられません。
  • 以前、問題になったことがあって、教えることができません。
  • ごめんなさい。僕の携帯は糸電話なので番号がないんです。

相手によってはおすすめの返し

  • 逆に教えてもらって放置
  • 連絡先ですか!ありがとうございます!また今度!
  • 私の友人があなたのことを好きなようなので教えられません

避けた方がいい返し

  • 教えられるわけがないですよ
  • スルー
  • 無理です
  • 奥さんに言いますよ
  • 機会があればと言って放置
  • 上司の電話番号を教える
  • 同期の電話番号を教える
  • 警察署の電話番号を教える
  • 今、携帯のバッテリー切れでわからないんです
  • 患者さんには教えられないんです
  • 夫(妻)が嫉妬するのでできません
  • そうやってたくさんの人の連絡先を聞いているんすかー?
  • ごめんなさい。親から「知らないおじさんには教えるな」と言われているんです。
  • りかちゃんでんわ(03-3604-2000)を教える

連絡先を聞かれた時にうまいこと返す!教えたくない時の答え方のまとめ

断る記事まとめ

今回の返しはいかがだったでしょうか?これで連絡先を急に聞かれても落ち着いてうまく返せますよね。

私のおすすめは「こちら(所属の病院、医療機関など)の電話番号をお伝えしますね」です。

こうすれば自分の連絡先を知られることがなくなるはずです。

ただ、機嫌が悪くなってしまう場合もあるかと思いますので、笑顔でなだめましょう(笑)

他にも良い返しがあると思いますので、みなさんもオリジナルの返しを考えてみてくださいね。

 

こちらの返しもオススメ!

【重要】LINE交換を断りたい時にうまいこと返す!

 

  • この記事を書いた人

橋爪 良太

三重県で腰痛専門の橋爪接骨院を経営しています。柔道整復師の国家資格を取得後、整形外科にて10年間修業。治療を行う上で「うまい返し」がとても大切だと感じ、このブログを書き始めました。

-うまい返し
-, ,

© 2020 うまいこと返す.com