【爆笑】「面白い話をして」と言われた時にうまいこと返す!

うまい返し

【爆笑】「面白い話をして」と言われた時に短いネタでうまいこと返す!

こんにちは!「返しの匠」ヅメです。(Twitter:@zumeryota

「面白い話をして」と言われて困ったことはありませんか?

僕は治療中にあまり話をしないタイプなので、沈黙に耐えかねた患者さんから「面白い話をしてよ」って言われます。

特に高校生や中学生の子から言われます。

僕としては「必死に治療しとんねん」と言いたいところですが、子供につまらん大人だなと思われるのも悔しいです。

ということで、子供たちを爆笑させるうまい返し方を考えました。

「面白い話をして」と言われたら、短いネタで爆笑させたい

うまいこと返す

面白い話をしてと言われたことはありますか?

飲みに行って会話がなくなった時などに言われるかもしれませんね。

急にふられると意外と言えなくて困った経験はないでしょうか?

できれば期待に応えたい

面白い話をふられた時に「いきなり言われてもないよ」と思う事がありますよね。

「思い出すから先に話して」って言う方法もありますが、悔しいですよね。

できれば期待に応えて、間髪を入れず面白いネタを言いたいですよね。

実は治療効果もあります

面白い話をすることで笑わすことができれば患者さんはリラックスできます。

病は気からと言われるように楽しいことがあれば、痛みなどの不調も軽減すると言われています。

ここは面白い話で返して爆笑させる必要があります。

自分に興味をもってもらっているかも

面白い話を求められているということは自分に対して興味をもってくれている証拠だと思います。

初診で言ってくる方はいないと思いますので、これまで話した内容などで、この人だったら面白い話をしてくれるだろうと期待してくれて言っていると思います。

爆笑される面白い話について

面白いネタ

面白い話について押さえておきたいポイントをいくつか紹介します。

面白い話の5つのポイント

  1. 話は短め(1分程度)
    当ブログでは治療中や病院での会話を想定していますので短い内容にしましょう。30秒ほどで終わる内容でも良いと思います。
  2. 面白い話にしよう
    当たり前ですがせっかく話すのですから質の良い面白い話で笑わせましょう!
  3. テンポよく
    長い話やゆっくりな話は飽きられるので、テンポが良く、最後に面白いオチがはっきりわかるような内容にしましょう。
  4. ネタはいくつか用意
    患者さんの年齢層や性格によってうける内容が異なりますのでネタはいくつか用意しておきましょう。
  5. 同僚や家族で練習
    スムーズに言えるように同僚や家族、友達に話をしてみて反応がよかった話を選びましょう。1度話した内容は2回目の方が上手に話せます。

うけなくてもいいんです

絶対うけると思っていても、反応が微妙なこともありますよね。

でも、笑われなくてもいいんです。

そこから会話が弾むこともありますし、相手の要望に応えているんですから十分なんです。

恥ずかしがる必要はありません。

面白くなくても、きっとうまいツッコミを入れてくれるはずです。

反撃も可能です

面白い話をした後に「次はあなたが話をしてみて」と言って反撃できます。

もしくは、事前に「面白い話をするから次はあなたの番だから覚悟しといてね」と言っておくのもいいかもしれません。

ただし、相手は大切な患者さんやお客さんです。

相手を選びましょう。

飲み会であれば、ぜひ反撃しましょう(笑)

話せなかったら「人に聞いといて面白い話はできないのー?」って言ってやりましょう(笑)

ネタ帳を作っておくと便利

いざという時のために手帳やスマートフォンのアプリなどにネタを書いておくといいと思います。

普段、生活しているとひらめく時がありますよね。

面白い話が思い浮かんだら記入しておくと便利です。

「面白い!」と思っても人間はすぐに忘れますからね。

そして、時々見て思い出しておくと、いざという時に使うことができます。

【爆笑】「面白い話をして」と言われた時に短いネタでうまいこと返す!

そんなことを言われてもヅメが見本を見せろという声が聞こえてくるので少しだけ。

よく使う話

  • 髪を切りに美容室に行ったら「どこを切るの?」
  • ビックカメラの免税コーナーで「ニーハオ」って言われました。僕は「日本人です」と答えました。
  • 実は僕ハーフなんです。父と母の。
  • ハリセンボンの針は369本らしいよ。

破壊力が抜群!子供にうける話

  • お菓子はオレオが好きなんやけど、1袋食べると○んこが真っ黒になる。
  • いきなり大きな声で「ぶひっ!!」と叫ぶ

避けたい返し

  • 急に言われてもないよー
  • 大人をバカにしないでよ
  • 遊びに来てるんじゃないんだから
  • トイレに行ってきます
  • 聞く前にLINEをしといてよ

「面白い話をして」と言われた時に短いネタでうまいこと返すまとめ

笑える話

いかがだったでしょうか?

これで「面白い話をして」と言われてもうまく返せますね。

テンポがよくて短いネタを話すことできっと爆笑してくれるはずです。

できれば相手に合わせて5つぐらい用意しておくといいのではないでしょうか。

問題があるとすれば橋爪接骨院の患者さんがこのブログを読んでしまった時に面白い話を求められることでしょうか。

ほとんどのネタを出し切ってしまいましたのでピンチです(笑)

みなさんも面白い話でうまく返しましょう!

ではまた!

  • この記事を書いた人

橋爪 良太

三重県で腰痛専門の橋爪接骨院を経営しています。柔道整復師の国家資格を取得後、整形外科にて10年間修業。治療を行う上で「うまい返し」がとても大切だと感じ、このブログを書き始めました。

-うまい返し
-, ,

© 2020 うまいこと返す.com